狂言面根付

  • 神 鳴 B ( かみなりB )
    神 鳴 B ( かみなりB )
    2,000円
    神鳴の専用面。とかく手法の自由な狂言面の中にあっても、特に類型の多様な面です。この神鳴は追儺か田楽の鬼面からヒントを得たと思われ奇怪な相貌です。典型面は定めがたいが、武悪系以外は趣向の産物なのでしょう。雲間から落ち腰を打って痛がる神鳴なので、いかにも役柄にふさわしいユーモアをたたえています。
  • 毘 沙 門 ( びしゃもん )
    毘 沙 門 ( びしゃもん )
    2,000円
    「夷毘沙門」(えびすびしゃもん)「連歌毘沙門」「毘沙門連歌」などに使用します。正確には毘沙門天。四天王の一つで北方世界を守護する多聞天ですが、一方財を授ける神として単独でも信仰されて、七福神に加えられました。しかめた眉や逆への字に結んだ口と両脇の牙が勇ましさを示しています。鼻筋の通った顔立ちの面で猛々しい迫力に満ちています。
  • 鳶 ( とび )
    鳶 ( とび )
    2,000円
    間狂言(あいきょうげん)にだけしか用途をもたない唯一の面。能「「鞍馬天狗」「車僧」「大会」の木の葉天狗や烏天狗がつけ、天狗ともいいます。演出・演技が洒脱であるので、面も鋭い嘴をもち写実的でありながら、滑稽感を秘めたユーモアあふれる面です。
  • 天 狐 ( てんこ )
    天 狐 ( てんこ )
    2,000円
    『釣狐』の後シテ狐の専用面。
  • 猿 ( さる )
    猿 ( さる )
    2,000円
    狂言面には造形的にじつにおもしろいものがあります。あらゆる生物を扱い、擬人化するのが、狂言作法の特色といえるでしょう。動植物そのものを表現したり、またその精や化身になったりと狂言面には、抽象性と具象性の両極が示されております。能『嵐山』の替間(かえあい)『猿聟』では、吉野山の聟猿夫婦が供猿たちを連れ、嵐山の舅猿もとへ聟入りするので、多くの猿面が必要となります。
  • 大 黒 ( だいこく )
    大 黒 ( だいこく )
    2,000円
    大国とも書き、丁寧には大黒天と言います。大黒はもと古代インドでは猛々しい戦闘神・鬼神を降伏させる守護神で怒りの相を示していましたが、日本に伝わってからは、音が似ているところから大国主命(おおくにぬしのみこと)と混同され、夷(えびす)と一対の福神となりました。
  • 武 悪 B ( ぶあくB )
    武 悪 B ( ぶあくB )
    2,000円
    能面・べしみの影響を受けながら、上歯を一文字に見せているとこらから、「べしまず」とも言われます。
  • 武 悪 A ( ぶあくA )
    武 悪 A ( ぶあくA )
    2,000円
    能面・べしみの影響を受けながら、上歯を一文字に見せているとこらから、「べしまず」とも言われます。
  • 堅 徳 ( けんとく )
    堅 徳 ( けんとく )
    2,000円
    小鼻の左右が円型にへこんでいるのが特徴。動物を人格化した「とぼけた面」で、これが黒頭をつけ両手両足を地につけると馬にも牛にも犬にも見えるのは不思議です。この種の面が狂言の意図する上質のユーモアをたたえています。
  • 乙 ( おと )
    乙 ( おと )
    2,000円
    「二九十八」「吹取」「釣針」など妻定め物で乙に用いられる。三平二満(さんぺいじまん)額・鼻・顎が平らで両頬のふくれた顔ですが、エクボが入って若さを示し、とても可愛らしい。
1

(カテゴリー内:10点)

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索