売り切れ

  • 狐 ( きつね )
    狐 ( きつね )
    2,000円
  • 薬 師 如 来 ( やくしにょらい )
    薬 師 如 来 ( やくしにょらい )
    2,000円
    薬師如来は病を癒す徳をもつ現世利益の仏様です。「如来」とは真実を悟ったもの。サンスクリット語Tatha-gataの訳で、「真実から来た」と解釈されます。また、「如来」は「仏」「仏陀」と同義ですが、仏はBuddhaの訳で「覚者(かくしゃ)」、つまり目覚めたもの、真理を悟ったものの意味です。仏陀といえば、仏教の成立当初は歴史上の釈迦牟尼(しゃかむに)をさしました。やがて釈迦のほかにも過去に仏陀となったものが存在した可能性が指摘され、未来に仏陀となる弥勒(みろく)の存在も考えられました。
  • 嘯 吹 B ( うそぶき B )
    嘯 吹 B ( うそぶき B )
    2,000円
    ウソとは口笛のこと。すぼめてウソを吹いている口が特徴で、はなはだしく片寄った視線は浅はかで軽はずみな印象を与えますが、植物・昆虫・魚類などにも用いられますと、それらしく思えるのは驚くべき抽象的な造型です。 
  • 嘯 吹 A ( うそぶき A )
    嘯 吹 A ( うそぶき A )
    2,000円
    ウソとは口笛のこと。すぼめてウソを吹いている口が特徴で、はなはだしく片寄った視線は浅はかで軽はずみな印象を与えますが、植物・昆虫・魚類などにも用いられますと、それらしく思えるのは驚くべき抽象的な造型です。  
  • 兎 ( うさぎ )
    兎 ( うさぎ )
    2,000円
    因幡の白兎(いなばのしろうさぎ)とは、日本神話に出てくるウサギです。『古事記』では「稻羽之素菟」(稲羽の素兎)と表記。「素」には何もまとわず何にも染まっていないという意味があるところから、何にも染まっていない兎=白兎と解釈されています。
  • 天 狐 ( てんこ )
    天 狐 ( てんこ )
    2,000円
    『釣狐』の後シテ狐の専用面。
  • 猿 田 彦 ( さるたひこ )
    猿 田 彦 ( さるたひこ )
    2,000円
    神楽面の中で一番多い面は、猿田彦面です。神楽や田楽が全国の山村、漁村に多く、それには、サルタヒコ及びウズメノミコトの面が必ず必要だったからです。更に年代的に神楽という芸能が、民衆の古俗として日本の歴史の中に永続したので、初めは巨眼、巨鼻の壮漢を思わせる猿田彦が、後に農耕神の先頭に立つ役割から山嶽信仰の天狗に結びつき、巨鼻であるこの面の特色が鼻高面の造型に移行し、日本だけに存在する「天狗面」という鼻高面を創造するに到って面種が各地に存在します。
  • 金 剛 夜 叉 ( こんごうやしゃ )
    金 剛 夜 叉 ( こんごうやしゃ )
    2,000円
    「明王」とは如来の意に従わないものを懲らしめる。ほとけは、常にやさしい姿でわれわれに接するわけではありません。ときには、如来の教えに従わない救い難いものたちを恐ろしい姿で懲らしめ、教化しなければなりません。密教では、如来の意に従った忿怒(ふんぬ)の形相の仏が現れます。これを教令輪身(きょうりょうりんじん)といい、こうした仏たちを総称して明王と呼びます。金剛夜叉明王は「雷=どのような障害をも貫く聖なる力を持つ神」という意味である。
  • 神 鳴 A ( かみなり A )
    神 鳴 A ( かみなり A )
    2,000円
    観念的な雷(かみなり)の具象化で、能面の雷(いかずち)雷電(らいでん)の様に口の回りに稲光を表す火炎状の彫りが珍しい工作です。
  • 外 道 ( げどう )
    外 道 ( げどう )
    2,000円

  • 夷 ( えびす )
    夷 ( えびす )
    2,000円
    角度のある三日月目と大きく開いた口が笑いの表情を濃くしています。豊かに肥った、いわゆるエビス顔のものが多いですが、こちらはスリムなのが特徴です。もとは漁業の守護神で、狂言でも右手に釣竿、左手に鯛を抱えています。
  • 中 将 ( ちゅうじょう )
    中 将 ( ちゅうじょう )
    2,000円
    中年の公達を主役とした曲に用いられます。その容貌は、中将在原業平の表情を写したものと言われます。
  • 小 面 ( こおもて )
    小 面 ( こおもて )
    2,000円
    小面の小とは可愛いことを意味し、強いていえば十五,六歳の清純さを強調した能の代表的な面です。この一面があれば、ほとんどの若い女性を主人公とする能は演じられるといっても過言ではありません。
  • 生 成 ( なまなり )
    生 成 ( なまなり )
    2,000円
    能の家の記録に「是は般若に今少したらむ所の面なり。角みじかきゆえ生成と名付け也」とありますように角は般若より小さいのです。古く室町末期には生成を「なりかかり」と呼んでいます。その生成に対して般若を中成、蛇を本成と呼んで区別していました。
  • 般 若 ( はんにゃ )
    般 若 ( はんにゃ )
    2,500円
    高貴な女性の嫉妬を表した面です。悲しみと怒りが混合し、理性を失いながらも愛しい人を思い、後に蛇となる見事な造形です。人間の内面の営みへの洞察を与え得る、真実の芸術作品といえます。
  • 黒 式 尉 ( こくしきじょう )
    黒 式 尉 ( こくしきじょう )
    2,000円
    『翁』(おきな)の「三番叟」(さんばそう)、「鈴の段」(すずのだん)問い割れる後半の舞に用いられます。翁のシテの白式尉が白い彩色に対して、狂言の三番叟は真っ黒に塗られています。
  • 大 癋 見 ( おおべしみ )
    大 癋 見 ( おおべしみ )
    2,000円
    カッと見開いた眼、大きく開いた鼻孔「へ」の字にぐいと食いしばった口全てが大きく誇張されており、大癋見と名付けられました。冠形を表し、額に太い皺を作り、眉根を寄せ、眉尻を吊上げています。小鼻を広げ下顎を突き出し気味にして強くへしめ、口角に大きな皺が特徴です。
1

(カテゴリー内 : 17点)

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索