猿 田 彦 ( さるたひこ )

  • ありがとうございます。

    ありがとうございます。

  • お好みのストラップをお選び下さい

    お好みのストラップをお選び下さい

  • ループタイ イメージ画像

    ループタイ イメージ画像

  • 縦穴に輪っかを作り横穴にすると帯留としてもご利用いただけます

    縦穴に輪っかを作り横穴にすると帯留としてもご利用いただけます

神楽面の中で一番多い面は、猿田彦面です。神楽や田楽が全国の山村、漁村に多く、それには、サルタヒコ及びウズメノミコトの面が必ず必要だったからです。更に年代的に神楽という芸能が、民衆の古俗として日本の歴史の中に永続したので、初めは巨眼、巨鼻の壮漢を思わせる猿田彦が、後に農耕神の先頭に立つ役割から山嶽信仰の天狗に結びつき、巨鼻であるこの面の特色が鼻高面の造型に移行し、日本だけに存在する「天狗面」という鼻高面を創造するに到って面種が各地に存在します。
こちらは樹脂製品です。サイズは3㎝×3㎝程。
塗装の仕上がり方が一つ一つ違います。

2,000円

売り切れ

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索